1. ホーム
  2. 攻略TIPS
  3. Disc4でのカード集め

Disc4でのカード集め

Disc4ではワールドマップ上の町や家など、人が住んでいる場所へは入れなくなるため、レアカードを持っている人物とも会えなくなります。しかし、Disc3までに一定の条件を満たしていれば、Disc4になってからでもカード集めを続行できます。

Disc4の方がカード集めが楽
Disc3まででカードをすべて集めることは可能ですが、レアカードを持っている人物すべてに会う必要がある上、面倒な条件を満たさないと使ってこない人物もいます。Disc4になれば、飛空艇ラグナロク内だけで、「コヨコヨ」を除くすべてのカードを入手することができます(Disc3までにCC団のキングに勝利していることが条件)。

カードクイーン(脱出ポッド回収現場)

Disc4では、エスタ大陸の南端にある脱出ポッド回収現場にカードクイーンが立っています。このカードクイーンは、画家が描く5種類のカードのうち、スコールたちが所持していないものを使ってきます。この5種類のカードは、Disc3までに入手しようとすると面倒ですが、ここでカードクイーンに勝利すれば即入手できます。

ただし、このカードクイーンとは以下のルールで対戦しなければなりません。

  • サドンデス
  • ランダムハンド
  • セイム/プラス/ウォールセイム
  • エレメンタル
  • トレードルール:ワン

極めて上級者向けのルールであり、このルールを変更することはできません。その上、カードクイーンが使うカードも強力なので、勝利するのは容易ではありません。もっと楽にレアカードを集めたい場合は、次に紹介するCC団を利用した方がよいでしょう。

CC団(飛空艇ラグナロク)

Disc3までにCC団のキングに勝利しておくと、Disc4になった時に飛空艇ラグナロク内にCC団が登場します。このCC団のメンバーは、スコールたちが所持していないレアカード(「カード変化」で消滅させたものも含む)を使ってきます。

すべてのレアカードを入手可能

CC団のメンバーといえども、上述の「画家が描く5種類のカード」は使ってきませんが、例外としてハンガーの階段前にいる2人(ダイヤ)のうち左の女性だけは、「画家が描く5種類のカード」も含めたすべてのレアカードを使ってくる可能性があります。カードコンプリートを目指すのであれば、この女性との対戦ルールを自分に有利なものにして対戦し続けることです。ルールの伝染を防ぐため、他のCC団には一切話しかけないこと。

ルールの伝わり方

飛空艇ラグナロク内では、部屋ごとにルールが異なります。Disc3までと同様、ある部屋でカードゲームをした後、他の部屋でカードゲームを申し込むと、前の部屋のルールが追加されることがあります。また、全ルール(オープン+セイム+プラス+ランダムハンド+サドンデス+ウォールセイム+エレメンタル)が適用された状態でカードゲームを申し込むと4分の1の確率でいずれか1つのルールが廃れる点も同じです。

不利なルールを廃れさせたい時は、まず他の部屋からルールを伝染させ、全ルールが適用させた状態でいったんセーブ、その後にカードゲームを申し込んで「やめる」を選び、ルールを廃れさせましょう。